癌の転移に関する情報をお届け|病を克服する手立て

院内

癌の治療方法

辛い癌が転移する前に最先端治療を受けておきましょう。癌の症状に悩まされている患者を救う情報が詰まっています。

おでこをおさえる男性

身体の様々な所にできるのががんの特徴ですが、発生する部位によって転移しやすいがんというのがあります。一般的に転移しやすいとされているのは、メラノーマと呼ばれるほくろのがんや、すい臓がんです。メラノーマは主にほくろのそばにあるリンパ節に、すい臓がんはすい臓の周囲にある十二指腸や胆管、肝臓、または血管や神経などにも転移してしまいます。また、転移は時として臓器だけではなく骨にも及ぶことが分かっています。骨に癌細胞が到達してしまうと、癌が「次第に骨の内部の細胞を犯していき、溶かされてしまいます。骨に転移してしまった場合に引き起こされる症状としては痛みがあります。また、癌が進行して骨がもろくなるとちょっとしたことで簡単に骨折してしまいます。

せっかく治療できた癌が転移や再発を起こしてしまうと、今までの癌とは比べ物にならないほど治療が難しくなってしまいます。癌というのはある程度成長しないと転移出来ないことが分かっています。つまり、転移や再発する癌というのは今までの癌よりも強力で悪性で、しかも全身のどこにあるのか突き止めることが困難になるのが治療が難しくなる理由です。転移や再発を起こした時にも有効な治療法とされているのが、免疫療法です。これは体内の免疫力を人工的に高め、癌細胞の増殖を抑えたり減少させる治療法で、従来の治療法に比べて副作用が少ないため進行がんの患者にも適用できます。まだまだ普及には至っておらず、医療費も全額自己負担ですが、これから更なる発展が期待できる治療法です。

転移したがんを叩く方法

医師

がんと診断されて外科手術を受け、病巣摘出に成功したとしても油断はできません。術後5年間は再発や転移の可能性があるからです。病院で定期的に検査を受けていれば、転移が発見されても早期に対応できます。転移がんを叩く方法としては再手術の他、手術できないケースでも放射線治療・抗がん剤・免疫療法などがあります。

新しいがんの治療法です

医師と患者

一見すると恐ろしい「殺し屋」の名を関するNK細胞ですが、NK細胞はがん細胞だけと闘ってくれる頼もしい細胞です。NK細胞を利用したNK細胞療法は、進行中のがんだけでなく転移なども防ぐことが可能です。

注目の最新がん治療

2人の医師

免疫治療は副作用がない、がん治療として注目されています。もちろん、高い効果が得られることも注目されており、また、放射線療法や化学療法と併用すれば、更なる高い効果が得られるということも注目されています。但し、免疫治療に頼るばかりでは駄目であり、同時に生活習慣の見直しも必要となります。