癌の転移に関する情報をお届け|病を克服する手立て

院内

注目の最新がん治療

様々なメリット

2人の医師

がんの新しい治療法として免疫治療が注目を集めていますが、その大きな要因となっているのが副作用がないことです。免疫治療は自己免疫力を高めることを目的とし、しかも自身の免疫細胞を利用するわけですから副作用がないこと、あったとしても僅かであることは当然です。ただ、がんの標準的な治療法、外科療法、放射線療法、化学療法が体への負担や副作用が大きいので、副作用がないことが俄然、注目されているのです。もちろん、高い効果が得られる治療法であることも注目されています。と同時に、放射線療法や化学療法と併用可能であり、併用すれば、更なる効果も期待できるということも注目されています。放射線療法や化学療法は、すでに優れた実績がありますが、その治療法を免疫力が向上した状態で施せば、より良い結果が得られるというわけです。

生活習慣の見直しも必要

但し、いくら高い効果が得られる免疫治療であっても、免疫治療だけに頼るべきではないのです。前述したとおり、免疫治療の目的は免疫力の向上です。そして免疫力の向上には、日頃の生活も非常に重要となります。つまり、免疫力を向上させるためには免疫治療にプラスして、生活習慣の見直しも必要となるのであり、そうしなければ、免疫治療の高い効果も得られなくなってしまうのです。おそらく、免疫治療が行われると同時に医師より、生活習慣の指導が言い渡されることとなります。具体的には食事に関することであったり、運動するようにということ、禁煙しなさいということ等です。それらの指導を、自分はがんを患っていると強く認識して実行する必要があります。