癌の転移に関する情報をお届け|病を克服する手立て

院内

新しいがんの治療法です

NK細胞をご存知ですか

医師と患者

私たちの体内には、病気にならないためのシステムが備わっています。これを免疫と呼び、様々な免疫細胞が携わっています。免疫は、液性免疫と細胞性免疫に大きく分けることができます。そして、液性免疫とはBリンパ球が産生する免疫抗体によって病原体と闘うシステムのことです。一方の細胞性免疫とはTリンパ球が中心となって、いくつかの免疫細胞が持つ食作用によって病原体と闘うシステムのことです。ところで、細胞性免疫において重要な役割を果たしているNK細胞をご存知でしょうか。NK細胞とはナチュラルキラー細胞のことで、日本語に直訳すると「生まれながらにして殺し屋としての役割を持つ細胞」ということになります。物騒な名前ですが、がん細胞と闘う上でとても重要な細胞の1つなのです。

NK細胞を利用する

NK細胞を利用する新しいがんの治療法をNK細胞療法と呼びます。NK細胞療法は、がん患者からNK細胞を抽出し体外で培養した後、NK細胞にがん細胞に関する情報を与え、再びがん患者の体内に戻すという治療法です。NK細胞療法には、抗がん剤による治療や放射線療法で見られるような激しい副作用がありません。また、NK細胞療法ならば入院せずとも通院で治療が可能になります。その上、進行度が高いがんや各臓器に転移してしまったがんでも治療できる可能性を秘めているのです。ですから、最近ではNK細胞療法の人気が高まっているのです。そして、実際にNK細胞療法を受けてみようと考えているのであれば、治療実績が豊富な病院をネットで探してみることです。